ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

首位浮上の米澤蓮 空気を読んで渾身の一打「自分を試しました」

2019/09/28 20:00


◇アジアパシフィックアマチュアゴルフ選手権 3日目(28日)◇シェシャンインターナショナルGC(中国)◇7041yd(パー72)

米澤蓮(東北福祉大2年)が桂川有人(日大3年)ら3人と並んで、首位で最終日を迎える。この日のプレーを終えると「一言でいえば、悪いですね、ショットもパターも。緊張しながらやっているから、余計なミスが増えた」と第一声は反省の言葉。そんな我慢のゴルフの中「自分を占った」とピンチを切り抜けた一打があった。

<< 下に続く >>

通算8アンダーで迎えた前半9番の2打目、大きく右に反れたボールは林の中へ。8ホールを終え、首位は同組のブレーク・ウィンドレッド(オーストラリア)で10アンダー。「ブレークがパーは獲ってくると思ったからボギーは打てない」。だが、ライは悪くグリーン右には池があり、攻めてグリーンを狙うか、守って出すだけか、究極の選択が強いられた。

心が揺れるなか、「(観戦する)子供たちも『いけっ』みたいな顔をしていて…キャディさんも『出せ』という雰囲気じゃなくて、7番アイアンを持っていた」。空気を読み、グリーン目がけて振りぬいた。「ある意味、自分を試しましたね。あそこで池に入っているようだったら、論外だな、と」いう一打は、見事グリーンを捉え、渾身のパーセーブとなった。

勝てば、海外メジャー「マスターズ」と「全英オープン」の出場権を得る。「あすは今日よりもっと緊張して、もっとプレーに影響してくると思う。自分とコースとの戦い。目の前の一打を、全部バーディを獲るつもりでやっていきたい」と気合を入れ直した。 (中国・上海/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!