ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

岡田晃平が“おはようエース”で首位発進/日本ジュニア初日

2019/08/14 20:31


◇日本ジュニアゴルフ選手権競技 初日(14日)◇霞ヶ関カンツリー倶楽部(埼玉県)◇男子15-17歳の部/東コース:7466yd(パー71)、男子12-14歳の部/西コース:6877yd(パー71)、女子15-17歳・12-14歳の部/西コース:6537yd(パー73)

男女ジュニアゴルファーの頂点を決める一戦が開幕した。雷雲の接近により3度の中断(計3時間51分)を挟んだが、2020年東京五輪ゴルフ競技の会場となる東コースで行われた15-17歳の部は全組ホールアウト。5アンダー「66」とした岡田晃平(明徳義塾高3年)と唐下明徒(とうげ・はると/瀬戸内高2年)が首位発進を決めた。

岡田はスタートホールの10番(パー3)で「競技では初めて」というホールインワンで弾みをつけ、1イーグル4バーディ、1ボギーでホールアウト。「185ydくらいを7番アイアンで。大きな試合で入ってくれて良かった」と最高の滑り出しを好スコアに結びつけた。「オリンピック関係のコースでいいプレーができて光栄です」と、最後の日本ジュニアで2016年(12-14歳の部)以来のタイトルを目指す。

日没順延となった女子15-17歳の部でホールアウトした中では、2週前の「AIG全英女子オープン」でメジャー優勝を遂げた渋野日向子の後輩・尾関彩美悠(作陽高1年)が4アンダー「69」の暫定首位とした。

女子12-14歳も全組ホールアウトし、5アンダー「68」とした手塚彩馨(南アルプス市立白根御勅使中2年)が首位発進。男子12-14歳の部は1人もホールアウトできなかった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。