ニュース

米国女子KPMG女子PGA選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2019年 KPMG女子PGA選手権
期間:06/20〜06/23 ヘーゼルティンナショナルGC(ミネソタ州)

畑岡奈紗と横峯さくらが予選通過 グリーンが首位守る

2019/06/22 10:41

◇海外女子メジャー第3戦◇KPMG女子PGA選手権 2日目(21日)◇ヘーゼルティン・ナショナルGC(ミネソタ州)◇6741yd(パー72)

単独首位で出たハンナ・グリーン(オーストラリア)が4バーディ、1ボギーの「69」でプレーし、通算7アンダーで後続に3打差をつけてトップを守った。

4位から出たアリヤ・ジュタヌガン(タイ)が連日の「70」で通算4アンダー2位。通算3アンダー3位に昨年大会覇者のパク・ソンヒョン(韓国)、リディア・コー(ニュージーランド)が並んだ。さらに1打差の5位にネリー・コルダエンジェル・インがつけた。

アンダーパーは15人。前週の「マイヤーLPGAクラシック」を制したブルック・ヘンダーソン(カナダ)は最終18番のバーディで通算5オーバーとし、66位で予選を突破した。

日本勢は、4オーバー82位から出た畑岡奈紗が1バーディ、1ボギーの「72」で、通算4オーバーの53位で決勝ラウンドに進出。前半2番でボギーを先行させたが、7番のバーディで取り戻すと、後半はパープレーでしのいだ。

62位から「74」で回って通算5オーバー66位とした横峯さくらは、カットラインぎりぎりで予選突破。上原彩子は通算8オーバー98位、山口すず夏は通算11オーバー119位で予選落ちした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 KPMG女子PGA選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。