ニュース

米国女子KPMG女子PGA選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2019年 KPMG女子PGA選手権
期間:06/20〜06/23 ヘーゼルティンナショナルGC(ミネソタ州)

ショット復調の畑岡奈紗 キモはボール半個分

2019/06/22 11:34


◇海外女子メジャー第3戦◇KPMG女子PGA選手権 2日目(21日)◇ヘーゼルティン・ナショナルGC(ミネソタ州)◇6741yd(パー72)

午後2時11分、ピンフラッグがバタバタと音を立てる中、4オーバー82位タイから出た畑岡奈紗は1バーディ、1ボギーの「72」でプレー。通算4オーバー53位で週末に駒を進め、メジャータイトルへの望みをつなげて「すごくほっとしました」と胸をなでおろした。

「スタートから風が強くて難しかった」と、出だし1番で2打目をガードバンカーに入れた。1mに寄せてパーセーブしたが、2番でボギーを先行させた。6番で4mのチャンスにつけたが、バーディパットはカップをかすめた。嫌な雰囲気が漂ったが、初日にボギーを喫した続く7番(パー5)で断ち切った。3打目を奥のラフから1.5mに寄せバーディとした。

その後は何度もピンチを迎えたが、18番までパーを並べて耐え忍んだ。9番ではグリーン奥のラフから寄せきれず3mのパーパットを残したが、それを沈めた。12番でバンカーからの3打目を「上げて止める感じのバンカーショットを打とうと思ったら、1ydくらいキャリーが足りなくて」とセミラフへ。そこから「ライは良かったので、狙っていくしかないなと思って」と10ydをチップインさせた。

14番ではティショットが左の林に。直線でグリーンを狙えない状況だったが、残り109ydを54度のウェッジで「曲がり切らなくてバンカーでもいい」とインテンショナルフックをかけ、右からの風にも乗せてグリーンオンさせた。

前週からのショットの不調を嘆いていたが「きょうの朝、ショットのいい感覚がつかめた」という。初日のホールアウト後に練習場で「スイング自体はいいのになぜかばらつきがある」とスイング以外に原因を探した。「やっと見つかった感じです」と発見したのはアドレス時のボールとの距離で「ボールの距離が遠くなっていたので、少し近づくような意識をした」と説明する。

「飛ばすときはボールを遠くに置くというか、そういう意識があるのでそこからちょっと狂いがあったのかな」と、初日よりもボール半個分(約21ミリ)近づいた。「クラブが上から入ってくるようになった」といい、安定しなかった飛距離も落ち着いた。ショット復調のおかげで「きのうとは違って、心配しながら打つというよりは、よりピンの方に向かって打てたかなと思う」と振り返る。

首位のハンナ・グリーン(オーストラリア )との差は11打。「伸ばすしかないので、天気に関係なくしっかりピンを攻めていきたいと思います」とギアを上げる。(ミネソタ州チャスカ/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 KPMG女子PGA選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。