ニュース

米国女子LPGAボルヴィック選手権の最新ゴルフニュースをお届け

ミンジー・リーが今季初優勝 畑岡奈紗は10位

◇米国女子◇LPGAボルヴィック選手権 最終日(27日)◇トラビスポイントCC(ミシガン州)◇6734yd(パー72)

2打リードの単独首位からスタートしたミンジー・リー(オーストラリア)が5バーディ、1ボギーの「68」として1打差で逃げ切り、通算16アンダーで今季初優勝を飾った。2016年10月の「ブルーベイLPGA」以来となるツアー通算4勝目。

通算15アンダーの2位にキム・インキョン(韓国)。通算14アンダーの3位にモリヤ・ジュタヌガン(タイ)。通算13アンダーの4位にスー・オー(オーストラリア)とリンディ・ダンカンが続いた。

15位から出た畑岡奈紗は5バーディ、2ボギーの「69」とし、通算10アンダーの10位タイで終えた。プレーオフで敗れた前週「キングスミル選手権」を含めて米ツアー出場3試合連続のトップ10とし、初挑戦となる次週のメジャー「全米女子オープン」に向けて弾みをつけた。

42位スタートの横峯さくらは、「68」と4つ伸ばして通算7アンダーの24位タイ。11位から出た上原彩子は「74」と落とし、通算6アンダーの32位に順位を下げた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 LPGAボルヴィック選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。