ニュース

米国男子フォートワース招待の最新ゴルフニュースをお届け

小平智は悔しさいっぱい「アルバトロスは過程」

2018/05/28 07:56


◇米国男子◇フォートワース招待 最終日(27日)◇コロニアルCC(テキサス州)◇7209yd(パー70)

優勝した4月の「RBCヘリテージ」以来、PGAツアーで3試合ぶりの決勝ラウンドを戦った小平智は通算6アンダーの20位タイでフィニッシュした。最終ラウンドは3バーディ、3ボギーの「70」。14位から順位を落とし「悔しい、のひとことです」と無念さをにじませた。

<< 下に続く >>

初日にアルバトロスを達成し、予選2日間を3位タイで通過。週末には結局アンダーパーを記録できなかった。首位と8打差でスタートしたこの日は2ボギーをたたいた後、8番(パー3)で第1打をピン左2mにつけてバーディ。さらにフェアウェイからの残り107ydの第3打をピンそば1.5mにつけた11番(パー5)から2連続バーディで盛り返したが、最終18番で2mのパーパットを外してボギーフィニッシュ。

「(仮に)ホールインワンがあろうと、アルバトロスがあろうと、そんなのは過程。結果が良くないと何の意味もない」。3週連続の出場となった今大会は連日37℃前後の暑さに包まれ、「噛み合わないのが難しい。たぶん疲れていてスイングが悪くなったんだと思う。うまく体が動かなかった」とこぼした。

次週の「ザ・メモリアルトーナメント」(オハイオ州ミュアフィールドビレッジGC)が4連戦の最後。「(松山)英樹と話したので、多少(情報は)ありますけど、回ってみないと、初めてのコースなんで分からない。また頑張ります」。久々に4日間プレーしただけでは、最後まで満足がいかなかった。(テキサス州フォートワース/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 フォートワース招待




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!