GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国女子 LPGA KEB・ハナバンク選手権の最新ゴルフニュースをお届け

野村敏京と上原彩子が16位発進 首位にパク・ソンヒョンら3人

2017年 LPGA KEB・ハナバンク選手権 初日 パク・ソンヒョン
3人が並ぶ首位で発進したパク・ソンヒョン(Chung Sung-Jun/Getty Images)【拡大写真】
順位 選手名 通算 合計
1 キム・ミンソン -6 66
1 ミンジー・リー -6 66
1 朴城炫 -6 66
4 チェ・チェラ -5 67
4 M.アレックス -5 67
4 Cr.カー -5 67
4 Min-ji Park -5 67
4 L.サラス -5 67
9 A.イン -4 68
9 金智賢 -4 68

スコア詳細を見る

◇米国女子◇LPGA KEB・ハナバンク選手権 初日(12日)◇スカイ72GC(韓国)◇6316yd(パー72)

パク・ソンヒョン(韓国)、ミンジー・リー(オーストラリア)、韓国ツアーが主戦場のキム・ミンソン(韓国)の3人が「66」でプレーし、6アンダーの首位に並んだ。

リゼット・サラスクリスティ・カーチェ・チェラ(韓国)ら5人が1打差の5アンダー4位で追う。4アンダーの9位でリディア・コーら4人が続いた。

野村敏京は4バーディ、2ボギーの「70」。上原彩子も3バーディ、1ボギーで同じく「70」とし、ともに2アンダーの16位と好位置で発進した。

アン・シネ(韓国)は4バーディ、4ボギーで回り、イーブンパーの40位でスタートした。


特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストには山内日菜子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~