ニュース

米国女子NWアーカンソークラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 NWアーカンソークラシック
期間:09/07〜09/09 場所:ピナクルCC(アーカンソー)

またしても途中サスペンデッド!単独首位には、アマチュアのS.ルイス!

アーカンソー州にあるピナクルCCで開催されている、米国女子ツアー第21戦「NWアーカンソークラシック」の2日目。途中サスペンデッドとなった初日の残りラウンドから再開されたが、それも消化できないうちに荒天によるコースコンディション不良のため、再びサスペンデッドとなった。その中でアマチュアのステイシー・ルイスが単独首位に立った。

初日、6ホールで4つのバーディを奪った段階でサスペンデッドとなっていたルイスは、この日、再開された残りのラウンドもミスなく展開。最終ホールもバーディで締めくくって、7アンダー。暫定ながら単独首位に立った。

<< 下に続く >>

この結果、初日6アンダーで暫定首位タイで並んでいたテレサ・ルー(台湾)、キスティ・マクファーソン、キャサリン・ハル(オーストラリア)の3人は、暫定2位タイに後退。初代チャンピオンを巡る戦いは混迷の度合いを深めている。

首位から2打差の5アンダー暫定5位には、シェリー・ターナーと、ジュリー・インクスターのベテランコンビにJ.Y.パーク(韓国)の3人が並び、さらに1打差の4アンダー暫定8位タイには、マリア・ヨース(スウェーデン)ら3人、そして、パット・ハーストフリエタ・グラナダ(パラグアイ)、ナタリー・ガルビスクリスティ・カーら8人が3アンダーの暫定11位タイでホールアウトしている。また日本から参戦している東尾理子は、17ホールを消化して6オーバーの暫定135位タイとしている。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 NWアーカンソークラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには平井亜実プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!