ニュース

米国女子ステートファームクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 ステートファームクラシック
期間:08/30〜09/02 場所:パンサークリークCC(イリノイ州)

S.スタインハワーが完全優勝! 宮里藍は無念の途中棄権!

イリノイ州にあるパンサークリークCCで開催されている、米国女子ツアー第20戦「ステートファームクラシック」の最終日。シェリ・スタインハワーが4日間を逃げ切り、今季初勝利を飾った。

3日間首位を守り続けてきたスタインハワー。最終日となったこの日、今季初勝利を手にすべくバーディ発進とし、前半は3バーディ、1ボギーと堅実なゴルフを展開。後半に入ってもそのペースは変わらず3バーディ、ノーボギー。通算17アンダーとスコアを伸ばし、後続の猛追を振り切って見事な完全優勝を果たした。

首位から2打差の3位タイでスタートし、逆転優勝を狙ったクリスティナ・キムは、スタートから猛チャージを仕掛けたかったが、前半は6、7番の連続バーディのみ。後半に入り、13番でバーディ、そして16番からは3連続バーディを奪ってみせるも一歩及ばず、通算16アンダーの単独2位で大会を終えた。

大会連覇を狙ったアニカ・ソレンスタム(スウェーデン)は、5位タイでスタート。1番から連続バーディを奪い、逆転を期待させたが、その後は思うようにスコアを伸ばせない。13番ではイーグルを奪う意地を見せたが、通算14アンダー。レイチェル・へザリントンと並び、3位タイでフィニッシュしている。

また、首位と7打差の17位タイからスタートし、最終日の巻き返しが期待された宮里藍は、プロ転向後では初となる途中棄権。2試合ぶりに予選を突破して復調の兆しが見えていただけに、残念な結果となった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2007年 ステートファームクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには丹萌乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!