ニュース

米国女子ステートファームクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 ステートファームクラシック
期間:08/30〜09/02 パンサークリークCC(イリノイ州)

宮里藍が描く挑戦の足跡

藍、無残!途中棄権で大会を終える

2007/09/03 12:35


「ステートファームクラシック」最終日、通算5アンダー17位タイからスタートした宮里を待っていたのは、これまでにない試練だった。

1番パー5。朝一番のティショットは大きく右に出てOB。「左に行くのは問題ないけど、タイミングが合わなくて右に行ってしまうのが問題で…」と昨日話していた宮里だが、一発目から嫌なショットが出てしまい、このホールを6オン1パットのダブルボギーとしてしまう。続く2番パー3でバーディを奪い、3番もナイスパーで切り抜けたが、宮里の踏ん張りはここまでだった。

4、5、6番と連続ボギーで迎えた7番パー4。1打目を左の池に入れた宮里は、打ち直しの3打目も木に当てて再び池に入れてしまう。5打目でようやくグリーン奥のラフまで運び、そこから寄せワンの「7」。トリプルボギーとした宮里は、次の8番のティショットを打つ前に、「体調不良」という理由で競技を棄権した。朝から軽いめまいがしていたという宮里だが、コメントは残さずに会場を後にしている。

この後は、ソルハイムカップを挟んで9月27日開幕のナビスターLPGAクラシックまで3週間は試合出場の予定がない。日本への帰国予定もなく、父が来る予定もないと言う。この3週間をどう過ごし、問題をどう克服して復帰するか、宮里の戦いは新たな局面を迎えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 ステートファームクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには西智子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。