ニュース

米国女子HSBC女子チャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

朴仁妃が単独首位 ウィ1打差2位、野村敏京38位

◇米国女子◇HSBC女子チャンピオンズ 2日目(3日)◇セントーサGC(シンガポール)◇6600yd(パー72)

今季自身2戦目となる朴仁妃(韓国)が7バーディ、1ダブルボギーの「67」でプレー。通算10アンダーとし、後続に1打リードの単独首位でトーナメントを折り返した。

通算9アンダーの2位タイに、初日首位のミッシェル・ウィ、世界ランク2位のアリヤ・ジュタヌガン(タイ)、ハー・ミジョン(韓国)の3人。通算8アンダーの5位に、スーザン・ペターセン(ノルウェー)とパク・ソンヒョン(韓国)の2人が並んだ。

世界ランク1位のリディア・コー(ニュージーランド)は通算7アンダーとして、今季第2戦「ISPSハンダ オーストラリア女子オープン」を制したジャン・ハナ(韓国)らと並び7位タイ。38位から出た野村敏京は4バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「71」として、通算1アンダー38位のまま3日目を迎える。

【上位成績】
1/-10/朴仁妃
2T/-9/ミッシェル・ウィアリヤ・ジュタヌガンハー・ミジョン
5T/-8/スーザン・ペターセンパク・ソンヒョン
7T/-7/リディア・コージャン・ハナキム・セヨンチャーリー・ハルアンナ・ノルドクビストブルック・ヘンダーソン

38T/-1/野村敏京

関連リンク

2017年 HSBC女子チャンピオンズ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストにはミナミ・レボノウィッチプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~