ニュース

米国女子エビアンマスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 エビアンマスターズ
期間:07/26〜07/29 場所:エビアンマスターズGC(フランス)

上田桃子は大健闘の6位タイ! 優勝はプレーオフを制したN.ガルビス!

フランスにあるエビアンマスターズGCで開催されている、米国女子ツアー第16戦「エビアンマスターズ」の最終日。ナタリー・ガルビスがチャン・チョン(韓国)とのプレーオフを制し、ツアー初勝利を飾った。

首位と4打差の6位タイでスタートしたガルビスは、この日3バーディ、1ボギーでラウンド。他の上位陣が伸び悩む中、通算4アンダーとしてホールアウトした。その後、通算4アンダーの3位タイでスタートし、イーブンパーでラウンドしたチャン・チョンとのプレーオフに。18番ホールで実施されたプレーオフ1ホール目。パーで終えたチャン・チョンに対して、ガルビスはバーディをマークし、ツアー初優勝を決めた。

<< 下に続く >>

通算3アンダーの3位タイには、この日のベストスコア「68」をマークし、19位から大きく順位を上げ、賞金女王の貫禄を見せたロレーナ・オチョア(メキシコ)ら3人が並んだ。

9位タイからスタートして、さらなる上位進出が期待された上田桃子は、前半を1アンダーでラウンド。後半は14番から17番でバーディとボギーを繰り返してスコアを伸ばしきれなかったが、首位から2打差の通算2アンダー、6位タイフィニッシュ。トップ10入りという大健闘を見せた。また、32位タイでスタートした宮里藍はこの日4バーディ、4ボギーでラウンドし、通算3オーバーの22位タイに順位を上げてホールアウト。藤島妃呂子は通算19オーバーの71位で大会を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2007年 エビアンマスターズ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!