ニュース

米国女子マスターカードクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

日没サスペンデットが続く中、M.フランセラが暫定単独トップ!

メキシコにあるリアルCCで開催されている、2007年の米国女子ツアー第3戦「マスターカードクラシック」の2日目。前日が日没サスペンデッドだったため、この日は第1ラウンドの残りと第2ラウンドが行われた。第1ラウンドを終えてトップに立ったのは、ステイシー・プラマナスドが5アンダー。続く2位タイにはローラ・デービース(イングランド)ら4人が4アンダーとした。

続けて行われた第2ラウンドも、56人がホールアウトできず、さらに30人がスタートすらできない状態で日没サスペンデッドに。そんな中、暫定単独トップに立ったのが通算8アンダーでホールアウトしたツアー2年目のミーガン・フランセラ。悪条件の中で第1ラウンド、第2ラウンドとコンスタントにスコアを伸ばし、ツアー初勝利に向けて好位置につけている。

<< 下に続く >>

暫定の2位タイには、単独トップからスタートしたステイシー・プラマナスドとS.H.リー(韓国)が通算6アンダー。暫定の単独4位には、金美賢(韓国)が通算5アンダーとして続いている。

その他注目選手では、ナタリー・ガルビスアニカ・ソレンスタム(スウェーデン)が通算3アンダーの暫定5位タイ。地元メキシコのロレーナ・オチョアは、通算2アンダーの暫定15位タイ。一方、日本の東尾理子はスコアを伸ばすことが出来ず、通算15オーバーの暫定127位でホールアウト。予選通過は絶望的となっている。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 マスターカードクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!