ニュース

米国女子リオデジャネイロ五輪の最新ゴルフニュースをお届け

リオ五輪女子ゴルフあす初日 野村、大山がメダルに挑戦

主役は男子から女子へ。ブラジル・リオデジャネイロのオリンピックGCで行われるリオ五輪女子ゴルフは、17日(水)から20日(土)まで、男子と同じ会場、同じフォーマット(60人による4日間のストロークプレー)で開催される。

4大メジャー大会の歴史が古く上位選手の辞退が相次いだ男子に比べ、女子の五輪に対するモチベーションは大いに高い。世界ランクトップ50位以内で出場を辞退したのは南アフリカの1人だけ。男子大会の余韻も冷めやらぬ中、世界のトップゴルファーたちが金メダルを目指して競い合う。

今季米ツアーで2勝を挙げた野村敏京と、激しい出場権争いを制して夢舞台の切符をつかんだ大山志保が、日本ゴルフ初のメダル獲得に挑戦する。

世界ランク22位(8月15日時点)の野村は初日、パニーラ・リンドベリ(スウェーデン、世界ランク98位)、アシュリー・サイモン(南アフリカ、218位)と同組で、午前9時47分(日本時間17日午後9時47分)にティオフする。同49位の大山は、カトリオナ・マシュー(英国、46位)、レティシア・ベック(イスラエル、237位)と同組で、午前7時41分(日本時間午後7時41分)にスタートする。

世界ランク1位のリディア・コー(ニュージーランド)は午前11時9分の最終組で、アンナ・ノルドクビスト(スウェーデン、11位)、チャーリー・ハル(英国、27位)とプレーする。ランク2位のブルック・ヘンダーソン(カナダ)は、レクシー・トンプソン(米国、4位)、スーザン・ペターセン(ノルウェー、18位)と同組だ。

成長著しいアリヤ・ジュタヌガン(タイ)も、金メダル候補の一角。朴仁妃キム・セヨンエイミー・ヤンチョン・インジと世界ランクトップ10をそろえた韓国、国別対抗戦「インターナショナルクラウン」を制し、ステーシー・ルイスジェリーナ・ピラーらも擁する米国などがメダル争いの中心となりそうだ。

アルベイン・バレンズエラ(スイス)、レオナ・マグワイア(アイルランド)、ティファニー・チャン(香港)の3選手が、アマチュアとして出場する。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 リオデジャネイロ五輪




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには山戸未夢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。