ニュース

米国女子マイヤーLPGAクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 マイヤーLPGAクラシック
期間:06/16〜06/19 場所:ブライズフィールドCC(ミシガン州)

野村敏京2打差6位で決勝Rへ トンプソンが首位キープ

◇米国女子◇マイヤーLPGAクラシック 2日目◇ブライズフィールドCC(ミシガン州)◇6414yd(パー71)

5人が首位で並び混戦でスタートした大会2日目、首位から出たレクシー・トンプソンが6バーディ、2ボギーの「67」でプレーして通算10アンダーとし、単独首位で大会を折り返した。

<< 下に続く >>

1打差の通算9アンダー3位にペク・キュジョンチョン・インジユ・ソヨンの韓国勢と、カナダのアレーナ・シャープの4人。

7バーディ、3ボギーの「67」でプレーした野村敏京が、通算8アンダーの6位で決勝ラウンドを迎える。エイミー・ヤン(韓国)、ミンジー・リー(オーストラリア)、ジョディ・エワート・シャドフ(イングランド)、アメリア・ルイスカルロタ・シガンダ(スペイン)、キム・セヨン(韓国)が並ぶ。

上原彩子は2バーディ1ボギーの「70」でプレーして47位。日本勢はそろって決勝ラウンドに進出した。

【主な上位の成績】
1/-10/レクシー・トンプソン
2T/-9/ペク・キュジョンチョン・インジユ・ソヨンアレーナ・シャープ
6T/-8/野村敏京エイミー・ヤンミンジー・リー、ジョディ・エワート・シャドフ、アメリア・ルイスカルロタ・シガンダキム・セヨン

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 マイヤーLPGAクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには吉川桃選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
2020年上半期にお届けしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。未曾有の事態に直面した半年間を、ランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!