ニュース

米国女子コーニングクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2009年 コーニングクラシック
期間:07/02〜07/05 場所:ハイランドメドーズGC(オハイオ州)

イ・ウンジュンがプレーオフの末に初優勝! 日本勢トップは宮里藍の33位タイ

オハイオ州にあるハイラドメドーズGCで開催されている、米国女子ツアー第14戦「コーニングクラシック」の最終日。通算18アンダーで並んだイ・ウンジュン(韓国)とモーガン・プレッセルによるプレーオフはイが勝利。ツアー初優勝を飾っている。

日を追うごとに安定感を増し、最終日のジャンプアップが期待された宮里藍は34位タイからのスタート。しかし、この日は前半9ホールをすべてパーで切り抜けると、後半12番でバーディを1つマークしただけでフィニッシュ。33位タイで大会を終えている。一方、3日間を同スコアでラウンドしてきた上田桃子大山志保。序盤ボギーを連発しながらも折り返しを挟んで3連続バーディをマークした上田だったが、ラスト2ホールで痛恨の連続ボギーを叩いて通算5アンダー。ボギースタートで苦しみながらも最終ホールでバーディを決めた大山も通算5アンダーで終え、ともに54位タイで大会を終えている。

<< 下に続く >>

前日、猛チャージで一気にトップに立ったE.イは、この日は序盤に連続バーディを決めるも、それ以降スコアを伸ばせず、逆に9、16番でスコアを落とし振り出しに。その間に2位タイスタートのモーガン・プレッセルが追い上げ、17番でイーグルをマークしてイに追いつき、プレーオフへと持ち込んだ。しかし、18番ホールで実施されたプレーオフ、バーディを決めて勝利を手にしたのはイ。ツアー初勝利とともに、次戦の「全米女子オープン」の出場権を手に入れた。

通算16アンダーの3位タイには、後半の猛チャージでベストスコア「64」をマークしたミッシェル・ウィら3人。ロレーナ・オチョア(メキシコ)は、3つスコアを伸ばして通算14アンダー。8位タイで大会を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2009年 コーニングクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!