ニュース

米国女子コーニングクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2009年 コーニングクラシック
期間:07/02〜07/05 場所:ハイランドメドーズGC(オハイオ州)

宮里藍が描く挑戦の足跡

藍、パットに苦しみ続けるも「良い状態」でメジャー戦へ

2009/07/06 10:40


「コーニングクラシック」最終日を、通算7アンダーの34位タイで迎えた宮里藍。初日から60台をマークと内容は安定しているが、多くのバーディパットを外し煮え切らない展開が続いている。次週の「全米女子オープン」につなげるためにも、課題をクリアして気分良く最終日を終えたいところだ。

だが、「前半は入れに行き過ぎたというか、しっかりラインに打てていなかった」と振り返る宮里。相変わらずショットのフィーリングは良くバーディチャンスにつけるものの、2番で3.5メートル、4番でピン上1メートルと絶好のバーディチャンスを活かしきれない。前半9ホールは全てパー、この3日間を象徴するような、伸び悩む展開で後半へと折り返す。

<< 下に続く >>

「ビックリするぐらいパットが入らなくて、笑うしかなかった。(キャディの)ミックと、だったらどれだけバーディチャンスにつけられるかやってみよう、と」。気分を変えて臨んだ後半だが、10番でもピン上1.5メートルにつけたバーディチャンスはカップを逸れる。12番ではピン上4メートルを沈め、ようやく初バーディを奪いガッツポーズを見せたが、その後も13番、14番、最終18番もバーディ逃しのパー。最終的には1バーディで終えるに止まり、通算8アンダーの33位タイでホールアウトした。

パットの課題は残ったものの、ホールアウト後の宮里は前向きだ。「後半はいいストロークができました。フィーリングは良いし、技術的には良いストロークができているので良い状態です」。結果に現れないだけで、技術的な不安は無いことを強調する。次週はメジャー戦「全米女子オープン」。「重い雰囲気があるので、それが自然と集中力を高めてくれると思う。あとは、今のままの自分でやれるかどうか」。大舞台でのパットの復調に期待したい。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 コーニングクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!