ニュース

米国女子ISPSハンダオーストラリアン女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ISPSハンダオーストラリアン女子オープン
期間:02/14〜02/17 場所:ロイヤルキャンベラGC(オーストラリア)

上原彩子が4位タイの好発進 単独首位は15歳アマ

◇米国女子◇ISPSハンダオーストラリアン女子オープン 初日◇ロイヤルキャンベラGC(オーストラリア)◇6,679ヤード(パー73)

昨年に続き、欧州女子ツアーとの共催競技として開催2回目を迎えて開幕した「ISPSハンダオーストラリアン女子オープン」。日本からは、ツアールーキーとして今季初戦を迎えた上原彩子が出場し、初日は首位に3打差と迫る7アンダー、4位タイの好スタートを切っている。

8時30分にアウトコースからティオフした上原は、2番でバーディが先行、続く3番でボギーを叩くが、すぐさま4番で取り返すなど一進一退が続いた。しかし中盤以降は安定したプレーで6つのバーディを重ねて「66」でホールアウトし、上々の滑り出しを見せた。

10アンダーで単独首位に立つのはリディア・コー(ニュージーランド)。コーは昨年8月の米国女子ツアー「CN カナディアン女子オープン」で、米ツアー史上最年少優勝記録を塗り替える快挙を達成した15歳のアマチュア。前週の「ニュージーランドオープン」でプロツアー3勝目を挙げた逸材は、インスタートとなった初日1イーグル、11バーディ、3ボギーの「63」をマークしている。

9アンダーの単独2位にはマリア・ウリベ(コロンビア)、8アンダーの単独3位には申智愛(韓国)が続いている。そのほか、世界ランク女王ヤニ・ツェン(台湾)が5アンダーの8位タイ、昨季は「ミズノクラシック」を初め、年間4勝を挙げたステーシー・ルイスは、4アンダーの14位タイに続いている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ISPSハンダオーストラリアン女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには三ヶ島かなプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!