ニュース

米国女子サイベースビッグアップルクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

1打差でR.ジョーンズが逃げ切りシーズン2勝目

米国女子ツアー「ビッグアップル・クラシック」の最終日。2日目、そして前日66で回り単独首位に立っていたR.ジョーンズは、1番をボギースタートとなった。その後スコアを戻したが17番ホールを終って11アンダー、首位タイで最終ホールを迎えた。

最終組のジョーンズがつまずいてる間にスコアを伸ばしたのは、K.チェッターとL.ディアスの2人。5アンダーでスタートしたチェッターは、7番ホールでボギーを叩いたが、8番から6つのバーディを奪い10アンダーでフィニッシュ。一方、6アンダーからスタートしたディアスは、序盤からバーディを奪い15番ホールで11アンダまで伸ばし最終組を待つことになった。

そして最終ホールを残し11アンダーのジョーンズは最後に気合のバーディを奪い12アンダーで今シーズン2勝目を上げた。試合の流れは完全にジューンズを見放していたと思われたが、最終ホールの集中力はさすが、という感じだ。

この日はディフェンディングチャンピオンのA.ソレンスタムも5アンダーを奪い、7アンダーの8位タイまで浮上した。しかし、ソレンスタムを上回るチャージを見せたのが、先週優勝したR.テスケだった。13番ホールでホールインワンを達成したテスケは、7ストローク伸ばした。しかし、1アンダーからのスタートでは8アンダーまでしか行かず、5位タイにとどまった。

日本勢は小林浩美がイーブンパーで踏ん張り、4オーバーの44位に順位を上げたが、福嶋晃子はスコアを4つ落とし、6オーバー53位に後退してしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 サイベースビッグアップルクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはS.ランクンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
スペシャル対談 鈴木愛×セールスフォース代表小出伸一
女子プロゴルファー鈴木愛。2度のけがによる離脱をはねのけ、史上3人目の年間7勝。その彼女を支えてきた所属契約を結ぶ「セールスフォース・ドットコム」の小出伸一代表と2人のトップが熱く語った。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。