ニュース

米国女子ADTチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 ADTチャンピオンシップ
期間:11/21〜11/24 場所:トランプ・インターナショナルGC(フロリダ州)

ソレンスタムが単独首位に

米国女子ツアー最終戦「ADTチャンピオンシップ」2日目。昨日に引き続きアニカ・ソレンスタムが好調なゴルフでスコアを伸ばし、トータル7アンダーで単独トップに立った。

この日ソレンスタムは、3バーディ、1ボギーと安定したゴルフを展開したが、パッティングの調子がイマイチだった。

<< 下に続く >>

アニカ・ソレンスタム
「パーオンが16回と、ショットの調子は良かった。パットの調子が上がらないのでコーチに見てもらったら、打った後にこすり上げるようなストロークになっていたので、打った後もパターヘッドがなるべく下を通るように修正した。結果は出なかったけど、我慢してチャンスを作るよう心がけた。ゴルフは良いショットを競うものではなく、ミスショットの幅を狭めるゲーム。我慢していれば結果はついてくるし、明日も同じ気持ちで戦う」

2位には、この日のベストスコアとなる66でまわったレイチェル・テスキがトータル6アンダーで上がってきた。そして初日にソレンスタムとともに首位タイにいたメグ・マローンと、3つスコアを伸ばしたローリー・ケーンもテスキとともに2位タイとなっている。

メグ・マローン
「今日は調子が良かったのか悪かったのか分からない不思議な1日だった。ソレンスタムが首位を走っていることに関しては、威圧感というより、焦りを感じる。とにかく彼女のミスはないものと考えなければ勝てない。ショットの調子が戻ってバーディを量産できれば勝つチャンスは生まれてくると思う」

また昨日同様、カリー・ウェブが着実にスコアを伸ばし、トータル5アンダーでトップのソレンスタムとは2打差のままという好位置をキープしている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 ADTチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!