ニュース

米国女子ウィリアムズ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2002年 ウィリアムズ選手権
期間:09/06〜09/08 場所:タルサCC(オクラホマ州)

上位は伸びず、A.ソレンスタムが指定席を確保した

米国女子ツアー「ウィリアムズ選手権」の2日目。初日の上位陣はスコアを伸ばせず順位が大きく入れ替わった。そして、4ストローク伸ばしたアニカ・ソレンスタムが、6アンダーの単独首位に浮上した。

初日2アンダー7位につけていたソレンスタムは、6バーディ、2ボギーという内容であっという間にリーダーボードの1番上に名前を掲げていた。2ヵ月ぶりのシーズン7勝目に王手をかけた。

<< 下に続く >>

1打差の単独2位は、この日のベストスコア64をマークしたローリー・ケーンが36位からジャンプアップした。初日に1つしかバーディを奪えなかったが、この日は7つ。スコアを落とす選手が多い中、面白いようにスコアを伸ばしてきた。

ケーンと並んで2位には、初日2位のクリスティ・カーが踏ん張っている。2バーディ、2ボギー、初日のようにはバーディを奪えなかったが、首位と1打差は逆転優勝も十分狙える位置だ。

今週は好調の韓国勢が上位に入っていないが、代わりに台湾のC.クンが順位を上げてきた。7バーディ、3ボギー、多少荒削りなゴルフだが、攻めのゴルフでツアー初優勝を狙っている。ちなみに、韓国勢はほとんどスコアを崩し、ディフェンディングチャンピオンのグロリア・パークは、3オーバー43位となっている。

日本勢は、福嶋晃子が2ストローク落とし、小俣奈三香も1つ落として4オーバー54位で並んだ。日本で勝利を飾り、米国ツアーに復帰した福嶋だが、この日は3連続ボギーを叩くなど勢いに乗れない状態だった。

また、初日9オーバー131位と大きく出遅れた片野志保は、この日も9オーバー。2日間でバーディを1つも奪えず、18個のボギーを叩いたことになる。特にフロント9では2日間6つずつボギーを叩いてしまった。今週は自分の週ではなかったとあきらめ、次週上位を狙ってもらいたい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 ウィリアムズ選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!