ニュース

米国女子ステートファームクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 ステートファームクラシック
期間:08/29〜09/01 場所:ザ・レールGC(イリノイ州)

福嶋晃子が連日の67で単独2位に浮上!

米国女子ツアー「ステートファームクラシック」2日目。初日に自己ベストの64でまわったフランス出身のP.M.レボークが、この日も危なげないゴルフでスコアを5つ伸ばし、トータル13アンダーで首位に立った。

レボークはティショットに難があるが、パーオン率が抜群で、今大会では2日間で3つのグリーンがしか外していない。今日も6バーディ、1ボギーと波の無いゴルフを展開した。

<< 下に続く >>

レボークは、初日首位だったB.モーガンと同じくツアー参戦2年目で未勝利。しかし欧州女子ツアーでは3勝の実績を誇るだけに、侮れない存在だ。

そして2位には、日本の福嶋晃子が入った。足のケガで戦列を離れていた福嶋だが、先々週、日本で復帰を果たし、そこでいきなり優勝。アメリカでの復帰戦はこの試合からとなるが、ここでもいきなりエンジン全開だ。前日と比べ、アップダウンの激しい内容となったが、特にバックナインの13番からは1イーグル、3バーディ、1ダブルボギー、1ボギーとパーが1つもなかった。2日連続で67を記録し、トータル10アンダー。アメリカでの復帰戦も優勝で飾れるか、週末に注目したい。

他の日本勢だが、片野志保小俣奈三香が2オーバーで95位タイ、中島真弓が6オーバー、129位タイで3人とも予選落ちとなった。決勝ラウンド進出は、トータルイーブンパー、67位タイまでの83名となった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 ステートファームクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!