ニュース

米国女子モントリオール銀行カナディアン女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

K.ゴールデンが単独首位。その後ろには3人の韓国勢が控えている

米国女子ツアー「モントリオール銀行カナディアン女子オープン」初日。ケイト・ゴールデンが5アンダーで単独首位に立った。バックナインからスタートしたゴールデンは、出だしからバーディと好調なスタートを切り、この日の最終ホールとなる9番パー5でイーグルを奪って初日を終えた。

「月曜日から練習してるけど、ずっと調子が悪かったので良いスコアで回れる自信がなかった。本番になったら全てが噛み合うようになったが、まだショットの調子は良くないし、今週は4日間トーナメントだから気を引き締めていかないと優勝はできない」。昨年、アニカ・ソレンスタムと競ってツアー初優勝を遂げ一皮向けたゴールデンだが、好不調の波が激しく、その克服が今週優勝のカギとなるだろう。

<< 下に続く >>

そして1打差の2位には韓国の金美賢がつけた。この日は4バーディ、ノーボギーと、このところの好調さを持続し4アンダーをマーク。

「今日は全体的にまとまったゴルフが出来て、納得できるラウンドだった。パットが数回カップに蹴られたけど、読みもストロークも良く、運が悪かっただけ。いま韓国勢が活躍してるけど、皆まじめだから好成績を残せているのだと思う。皆が練習している姿を見ていると『負けられない』と必死になる」

そして金に遅れること1打差の3アンダーグループには、H.W.ハンとグロリア・パークが控えている。今週も韓国勢が活躍しそうだ。

日本勢は、今週4名が出場しており、小俣奈三香が1オーバー30位タイ、小林浩美3オーバー67位タイ、中島真弓4オーバー86位タイ、片野志保5オーバー101位タイとなっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 モントリオール銀行カナディアン女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!