ニュース

米国女子ショップライトLPGAクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 ショップライトLPGAクラシック
期間:06/28〜06/30 場所:マリオット・シービューリゾート(ベイコース)(ニュージャージー州)

J.インクスターが終盤4ホール連続バーディで単独首位に

米国女子ツアー「ショップライトLPGAクラシック」2日目。この日、トップに上がったのはジュリー・インクスター。6アンダーでスタートしたインクスターは、終盤の4ホール全てをバーディとし、一気に10アンダーまでスコアを伸ばし、2位のケイト・ゴールデンに1打差をつけ単独首位に立った。

「ラウンドを通して良いプレーができた。前半はパットが決まらず、後半に入っても11番、12番ホールで短いパットを連続してミスした時は怒りがこみ上げてきた。キャディに『落ち着け』って言われて我にかえり、その後、5つバーディを取ることができた。アニカ・ソレンスタムが3打差で追いかけてきているが、明日は自分のプレーをするだけ」

<< 下に続く >>

最終日を首位で迎えた時のインクスターは、過去6回とも優勝を飾っている。

アニカ・ソレンスタムはパットが入らず、てこずった。しかし後半は何とかタッチを合わせ4バーディを奪った。

「ショットは良いが、パットが入らなかった。パーオンしたホール(13回)は、ほとんどがバーディチャンスだった。パットが入れば、明日優勝のチャンスがあると思う。毎週優勝できるとは思ってないが、優勝する努力はしているつもり。勝利の経験が財産になっているので、それを生かせれば良い結果につながるはず」

日本勢では、福嶋晃子が3アンダー20位タイに浮上してきた。前半3バーディ、2ボギー、後半は1バーディ、1ボギーの後、最終18番パー5でイーグルを決めた。小林浩美はトータル2アンダーで26位タイ。片野志保は1オーバーまでスコアを落としたが、ギリギリで予選を通過。また、中島真弓は3オーバー、小俣奈三香は4オーバーで残念ながら予選落ちとなった。

通算1オーバー、54位タイまでの72名が決勝ラウンドに進出した。

この試合は3日間競技。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 ショップライトLPGAクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!