ニュース

米国女子マクドナルド全米女子プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

ウェブは好調! ソレンスタムはスコアを崩してしまった

米国女子のメジャー第2戦「マクドナルド全米女子プロゴルフ選手権」、2日目は大きくスコアを伸ばす選手も現れず穏やかなゲーム展開になった。初日が雨のため日没サスペンデッドになり、その時点ではディフェンディングチャンピオンのK.ウェブが5アンダーで単独首位に立っていた。

しかし、再開された2日目の朝、17番パー3でダブルボギーを叩き3アンダーで2位タイに後退してしまった。そして迎えた第2ラウンドは、前半からボギーが先行し、7番ホールを終えて1アンダーまで崩してしまった。その後バーディを3つ奪ったが、結局スタート時の3アンダーは変わらず2位となっている。

<< 下に続く >>

首位に立ったのは初日6バーディを奪ったベテランのB.ダニエル。4アンダーで第2ラウンドに入り、3バーディ2ボギーとスコアを1つ伸ばした。アンダーパーが4人しかいない状況でダニエルが頭一つ抜け出した格好になった。

そして、メジャーに強い福嶋晃子がイーブンパーで5位につけている。初日が6バーディ、この日もバーディを2つ奪ったのだが、スコアを伸ばすことができていない。しかし、周囲がスコアを落としているため、14位から5位に浮上してきたのだ。今シーズン最初のメジャー「ナビスコ選手権」でも上位につけているが、この大会も優勝争いに絡んできそうだ。

この大会はウェブの連覇か、それともA.ソレンスタムのメジャー2連勝か、2人の優勝争いに注目が集まった。しかし、初日5位につけていたソレンスタムが、バーディを奪えず5つのボギーを叩く大乱丁で4オーバー26位まで後退してしまった。

福嶋を除く日本勢は、7オーバーでスタートした片野志保が1オーバーで踏ん張り105位から64位に浮上。ぎりぎりで予選を通過。小林浩美は11オーバーとスコアを崩してしまい、小俣奈三香もスコアを崩し13オーバーで予選落ちになった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 マクドナルド全米女子プロゴルフ選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには平井亜実プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!