ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 全米女子オープン
期間:07/03〜07/06 場所:パンプキンリッジGC(オレゴン州)

バリー・マッカイが首位をキープ!このまま逃げ切れるのか!?

米国女子ツアー第15戦「全米女子オープン」2日目。非常にタフなコースなだけに有力選手さえもスコアを崩すといった展開。

初日2位以下に3打差をつけ単独首位に立ったスコットランドのバリー・マッカイ。この日もバーディが先行してスコアを伸ばす。しかし9番ホールでトリプルボギーを叩いてしまい、通算6アンダーで2日目を終えた。依然単独首位をキープ。2位以下に大きなアドバンテージをとった形で決勝ラウンドをむかえることになった。

<< 下に続く >>

2アンダー、2位グループには、昨年の覇者ジュリー・インクスターがいる。この予選二日間は安定したゴルフを展開してきたが、決勝ではアグレッシブなプレーで2年連続優勝を狙ってもらいたい。

また今大会は数多くのティーンエージャーのアマチュアが出場しているが、17歳のアリー・ソンは通算1オーバー15位、注目の13歳ミッシェル・ウィは4オーバー31位と、見事予選を通過した。

そして、日本人選手の中で目立ったプレーをみせたのが不動裕理であった。13ホールを消化して5バーディ、ノーボギーの完璧なプレー。一時は2アンダー2位タイまで順位を上げたが、残り5ホールで2ボギー2ダブルボギーと大きく崩れてしまい、この日1オーバー、トータル4オーバー31位タイでフィニッシュした。

そのほか日本人選手では福嶋晃子藤井かすみ小俣奈三香が出場していたが、スコアをまとめることができず、予選落ちとなってしまった。結果決勝ラウンドに駒を進めたのは日本人でただ一人、不動だけとなった。決勝ラウンドでは前半のようなプレーができれば、十分上位が狙えるため、日本の女王の名に恥じないプレーをしてきてほしい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!