ニュース

米国女子クラフトナビスコ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2012年 クラフトナビスコ選手権
期間:03/29〜04/01 ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)

“伏兵”がヤニ・ツェンを捕える! 上田は大きく後退

◇米国女子メジャー初戦◇クラフトナビスコ選手権 3日目◇ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)◇6,738ヤード(パー72)

単独首位からスタートしたヤニ・ツェン(台湾)が5バーディ、4ボギーと足踏みをする間に、3打差を追うカリン・ショディン(スウェーデン)が「68」をマークし、ヤニと並んで通算9アンダーの首位タイに浮上した。

ツアー未勝利の“伏兵”が女王を脅かす勢いを見せている。前半からバーディをリズム良く重ね、5バーディ、1ボギーでホールアウト。一時はヤニを抜いて単独首位に立つ会心の内容で、メジャー初タイトルに王手をかけた。明日の最終日、最終組でヤニとの直接対決に挑む。

通算7アンダーの単独3位に韓国のカン・ハエジ。通算6アンダーの4位タイに、ソ・ヒキョンチ・ウンヒキム・インキョンチェ・ナヨンユ・スンヨンの5人が並び、上位を占める韓国の実力者たちが首位の座をうかがっている。

首位に4打差の8位タイからスタートした上田桃子は、序盤からボギーが先行する苦しい展開。パーオン率(38.9%)、パット数(33)と、各スタッツも好調だった予選ラウンドを大きく下回り、ノーバーディ8ボギーの「80」。馬場ゆかりと並び、通算4オーバーの67位タイに大きく後退した。宮里藍も「笑っちゃうくらいグリーンに苦戦している」と2つ落とし、通算1オーバーの45位タイに順位を下げている。

関連リンク

2012年 クラフトナビスコ選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~