ニュース

米国女子ソルハイムカップの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 ソルハイムカップ
期間:09/23〜09/25 場所:キリーンキャッスル(アイルランド)

米国VS欧州、同点で最終決戦へ

アイルランドのキリーンキャッスルで開催されている、欧州選抜VS米国選抜のチーム対抗戦「ソルハイムカップ」の2日目。この日も初日同様フォアサム(1つのボールを交互に打ち合う)とフォアボール(互いに別々のボールでプレーし、良い方のスコアを採用)のマッチプレー形式のダブルス戦で、それぞれ4試合ずつ行われた。

初日に1ポイントのリードを奪った欧州選抜は、この日も第1試合でキャロライン・ヘドウォル、ソフィー・グスタフソン組が先取する上々のスタート。第2試合は米国のモーガン・プレッセルライアン・オトゥール組が奪い返すが、第3試合でマリア・ヨース、アンナ・ノルドクビスト組が勝ち、第4試合は引き分け。序盤4試合を終えた時点で欧州選抜が7.0対5.0と差を広げた。

<< 下に続く >>

しかし、後半のフォアボールを迎えると形勢は一変。第5試合で欧州のローラ・デービースメリッサ・リード組が勝利を収めるが、第6試合のモーガン・プレッセルクリスティ・カー組から最終第8試合のポーラ・クリーマーブリタニー・リンシコム組まで米国が3連勝を遂げ、ついに8.0ポイントで両チームが並んだ。

最終日は代表選手12名が1対1で戦うシングルス戦が行われる。2日目の終盤に勢いをつけた米国選抜が、大会4連覇を果たすか、それともホームでの開催に気合い十分の欧州選抜が4大会ぶりの通算4勝目を果たすことになるのだろうか。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 ソルハイムカップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!