ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 全米女子オープン
期間:07/01〜07/04 場所:オーチャーズGC(マサチューセッツ州)

アニカは首位に3打差2位、ウィは6打差7位で踏ん張る

マサチューセッツ州サウスハドレーにあるオーチャーズゴルフクラブで行われている、米国女子ツアーのメジャー第3戦「全米女子オープン」の3日目。メジャー大会ならではの難しいセッティングの中、上位選手はスコアをまとめている。

首位と2打差の4位からスタートしたアニカ・ソレンスタムは、前半を2バーディ、2ボギーのイーブンパーで折り返すと、13番パー5でイーグルを奪った。続く14番でもバーディを奪い勢いに乗るかと思われたが、15番ではセカンドショットがグリーンを大きくオーバー。ボギーを叩いてしまい結局1ストロークしか伸ばせなかった。それでも首位とは3打差の2位タイに浮上。最終日に逆転でメジャー2連勝を狙う。

<< 下に続く >>

今大会アニカ以上に注目を集めている14歳のアマチュア、ミッシェル・ウィは前半に1つスコアを落としたが、後半スコアを伸ばしてきた。11、13、16番でバーディを奪い3アンダーまで伸ばしたが、最終18番で痛恨のダブルボギー。1アンダー7位タイで最終日を迎えることになった。最後のダボを引きずらずに順位を上げられるか期待がかかる。

首位は5アンダーからスタートしたフィリピンのジェニファー・ロザレス。4バーディ、2ボギーと安定したゴルフを続け通算7アンダーまで伸ばした。ここまでの3日間で全てアンダーパーを記録しているのはロザレスだけ。女王アニカなど強豪を抑え逃げ切ることができるか注目される。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには桑木志帆プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!