ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 全米女子オープン
期間:06/23〜06/26 チェリーヒルズビレッジ(コロラド州)

伏兵B.キムが初出場で優勝の快挙!アマチュア勢は健闘むなしく

コロラド州、チェリーヒルズビレッジで行われている、米国女子ツアー第16戦「全米女子オープン」の最終日。ミッシェル・ウィモーガン・プレッセルの2人のアマチュアが首位でスタートするなど混戦が予想されたこの日、4位タイからスルスルと浮上したバーディ・キム(韓国)が、ツアー参戦2年目にしてメジャー初勝利を挙げた。

この日も、各選手が厳しいコース状況に悩まされスコアを落としていく中、キムは堅実なプレーで1オーバーにまとめ、通算3オーバーでシンデレラガールとなった。結果的に4日間通して、大崩れしなかったのが栄冠につながった。

また、最終日首位からのスタートで大いに注目が集まったアマチュア15歳のウィと17歳のプレッセルの2人だったが、結果的にはプレッセルがスコアを4つ落として、アマチュアのブリタニー・ラングと並び通算5オーバーの2位タイ。ウィに至っては自分のプレーがまったく出来ずに11ストローク落とすなど、通算12オーバーの23位タイに終わった。そして、もう1人の首位スタート、カレン・スタップルズ(イングランド)も、この日だけで7つスコアを落として通算8オーバーの10位タイでホールアウトした。

さらに、逆転優勝が期待されたルーキーの18歳ポーラ・クリーマーも通算10オーバーの19位タイ。年間グランドスラムのかかっていた女王アニカ・ソレンスタム(スウェーデン)も、通算12オーバーの23位タイと、4日間通していいところなく競技を終えた。

その他、日本人として唯一予選を突破した肥後かおりだったが、スコアを6つ落とし、通算20オーバーの58位タイに終わった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。