ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 全米女子オープン
期間:06/23〜06/26 チェリーヒルズビレッジ(コロラド州)

M.ウィ、M.プレッセル、トップにアマチュアが2人も並ぶ!

コロラド州、チェリーヒルズビレッジで行われている、米国女子ツアー第16戦「全米女子オープン」の3日目。通算1オーバーで、トップに立ったのが15歳のスーパーアマチュア、ミッシェル・ウィ、同じく16歳のアマチュアのモーガン・プレッセル、そしてカレン・スタップルズ(イングランド)の3人。

なかでも、この日追い上げてきたのがスタップルズだ。9番から14番にかけて6ホール連続でバーディを奪うなど、とにかく爆発力があった。4つのボギーを叩き、やや出入りが激しい一面も見せたが、明日の最終日はベストポジションから優勝を目指す。

さらにウィも、3バーディの4ボギーとスコアを1つ落としたものの粘りのプレーで首位に並んだ。力を持っている選手だけに、アマチュアでの全米女子制覇も夢ではない。そして、もうひとりのアマ、プレッセルも3バーディ2ボギーとスコアを1つ伸ばしてきている。

また、18歳ルーキーのポーラ・クリーマーも、イーブンパーでまとめて、通算2オーバーの4位タイで3日目を終了。逆転優勝に向けていいポジションにつけた。

一方、2日目に首位に立っていたニコル・ペロット(チリ)は、この日スコアを7つ落とし、通算5オーバーの12位タイへと後退。さらに2位からのスタートとなった、ロレーナ・オチョア(メキシコ)も、6つスコアを落として通算6オーバーの16位タイに後退した。

そのほか、注目の女王アニカ・ソレンスタム(スウェーデン)は、6番のショートでダブルボギーを叩くなど、この日も思うようにスコアを伸せず通算6オーバーの16位タイに低迷。日本勢でただ一人、決勝に駒を進めた肥後かおりは、この日スコアを6つ落とし、通算14オーバーの60位タイで3日目を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。