ニュース

米国女子コロナモレリアチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 コロナモレリアチャンピオンシップ
期間:04/21〜04/24 トレスマリアスレジデンシャルGC(メキシコ)

C.コークが4年ぶりの勝利!東尾は54位

メキシコにあるトレスマリアスレシデンシャルゴルフクラブで行われている、米国女子ツアー第6戦「コロナモレリアチャンピオンシップ」の最終日。カリン・コーク(スウェーデン)が、2位以下に6打差をつけて、ツアー通算2勝目を飾った。

最終日、通算8アンダーの首位でスタートしたコークとウェンディ・ウォード。前半は一進一退の攻防が続いていたが、後半ウォードに試練が訪れる。12番でダブルボギーを叩き後退すると、巻き返しを図りたい16番パー5でまさかのトリプルボギー。ズルズルと後退してしまったウォードは、この日スコアを6つ落として、通算3アンダーの3位タイでフィニッシュ。2週連続優勝にあと一歩届かなかった。

一方、コークも後半10、11番で崩れかけたが、前半の貯金を生かして通算9アンダーでホールアウト。ウォードに競り勝ち、2001年「コーニングクラシック」以来、4年ぶりの優勝を挙げた。

そのほか地元ファンの期待がかかったロレーナ・オチョアは、通算5オーバーの16位タイでフィニッシュ。日本の東尾理子は通算14オーバーの54位タイで、4日間の競技を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 コロナモレリアチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。