ニュース

米国女子レクサスカップの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 レクサスカップ
期間:12/15〜12/17 場所:タナメラGC ガーデンコース(シンガポール)

韓国勢の活躍により、アジア選抜が一歩も譲らぬ接戦を演じる!

世界選抜とアジア選抜が勝敗を争うチーム対抗戦「レクサスカップ」が、12月15日(金)にシンガポールのタナ・メラCC ガーデンコースで開幕を迎えた。初日の競技は、各チーム2人1組でペアを組み、1つのボールを交互に打つフォアサム方式のマッチプレー戦。勝利チームには1ポイント、引分けの場合は両チームに0.5ポイントずつ加算され、その合計ポイントを競い合う。

昨季大会の初日では、アジア選抜は世界選抜に2ポイントの差をつけられている。その悪い流れが最終的に大敗を呼び込んでしまっただけに、メンバー達の初日にかける意気込みは並々ならぬものがあったはずだ。

アジア選抜のトップスタートに任命されたのは、今季LPGAルーキーオブザイヤーに輝いたS-H.リーとY.キムの韓国ペア。対する世界選抜はL.デービース(イギリス)とB.リンシコム。接戦が予想されたが、序盤から韓国ペアが抜群のコンビネーションを見せ、世界選抜を圧倒。結局13番終了時点で6アップの差がつき、早くも勝敗が決した。思いも寄らぬ圧勝劇により、アジア選抜が1ポイントを勝ち取る最高のスタートを切る。

続く2組目も韓国ペアが登場。J.Y.リーとM.リーが、日本でも高い人気を誇るP.クリーマーN.ガルビスのペアに挑んだ。世界選抜は前半9ホールを終えて4アップと余裕の展開に思えたが、アジア選抜が終盤に猛追。15番、16番、18番でポイントを奪い、大逆転勝利を演じた。3組目では、S.H.アンとアジア選抜キャプテンのグレース朴が登場。S.プラマナスとA.スタンフォードを相手に引分けに持ち込み、世界選抜と0.5ポイントずつを分け合う結果に。勢いに乗るアジア選抜は、4組目もH.W.ハンと朴セリの韓国ペアを送り込むが、若手実力派コンビのJ.グラナダ(パラグアイ)とM.プレッセルに完敗を喫する。

LPGAツアーに巻き起こっているコリアン旋風そのままに、ここまで韓国人だけを送り込み2.5対1と世界選抜をリード。この順風を背中に受け、ただ1人日本から選出された横峯さくらが登場した。

しかし、世界選抜キャプテンのA.ソレンスタムC.コークの息の合ったスウェーデンコンビを前に、なかなかポイントを先行できない苦しい展開が続く。結局、16番終了時点で3ポイント差がつき、全ホールを終える前に勝負が決してしまう。それでも最終組のC.クン(台湾)とJ.ロザレス(フィリピン)が、N.キャンベルS.スタインハワー相手に引分けに持ち込み、相手に完全に傾きかけた流れをストップ。明日につながる勝ち点0.5を獲得し、結局トータルチームスコア3対3のイーブンで初日を終えた。

アジア選抜キャプテンのグレース朴は、「みんな、この結果には満足しているわ。私たちのチームには才能のある選手が揃っているし、勝つチャンスは十分にあると思う」と自信のコメント。対する世界選抜キャプテンのソレンスタムは「アジアチームは非常によく戦ったと思います。接戦だと優勝争いもエキサイティングになると思う」と、余裕さえ感じる口ぶり。「明日はまったく違う形式(フォアボール)で戦うので、今日とは違う戦略でいくわ」と、大会2連覇を目指し早くも戦略を巡らせていた。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 レクサスカップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには三ヶ島かなプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!