ニュース

米国女子フィールズ・オープンin Hawaiiの最新ゴルフニュースをお届け

横峯さくらが15位タイへ浮上!宮里藍は23位タイ!S.H.リーが単独トップに

ハワイ州のオアフ島にあるコオリナGCで行なわれている、米国女子ツアー第2戦「フィールズ・オープンin Hawaii」の2日目。日本の横峯さくらが、通算6アンダーの15位タイへ浮上。宮里藍は、通算5アンダーの23位タイへポジションを落とした。

横峯が13番、14番で連続バーディを奪うなど、合計6つのバーディを奪取。ボギーも2つ叩いたものの、スコアを4つ伸ばして順位を一気に順位を上げてきた。一方、宮里は2バーディ、1ボギーと、爆発力が影を潜め伸び悩んでいる。

<< 下に続く >>

この日、通算13アンダーでトップに躍り出たのがS.H.リー(韓国)。リーは、2度の連続バーディを奪うなど最後まで攻め続け、7バーディ、1ボギーでホールアウト。スコアを6つ伸ばしている。

さらに、通算11アンダーの単独2位には、ナタリー・ガルビスがつけ、通算10アンダーの単独3位にジュリエッタ・グラナダ(パラグアイ)が続いた。注目のミッシェル・ウィは、スコアを2つ伸ばしたものの、通算7アンダーで、9位タイへ一歩後退。強豪のポーラ・クリーマーは、スコアを3つ伸ばして通算3アンダーの37位タイへポジションを上げている。

残りの日本勢では、服部道子が通算3アンダーの37位タイ。茂木宏美は通算2アンダーの48位タイ。そして、大山志保諸見里しのぶの2人が、通算1アンダーの62位タイで本戦へ。馬場ゆかり、妹の馬場由美子は予選落ちを喫した。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 フィールズ・オープンin Hawaii




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!