ニュース

米国女子フィールズ・オープンin Hawaiiの最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍はトップと4打差の14位タイ発進!L.オチョアが首位に!

米国女子ツアー第2戦「フィールズ・オープンin Hawaii」が、ハワイ州のオアフ島にあるコオリナGCで開幕。日本の宮里藍が、首位と4打差の4アンダー、14位タイとまずまずのスタートを切った。

宮里は、6バーディ、2ボギーと確実にスコアを伸ばしていった。ショット、パットともに好調で、安定感のあるプレーを見せて初日を終えている。

この日、8アンダーで単独トップに立ったのが、ロレーナ・オチョア(メキシコ)だ。13番ではイーグル、さらに14番から16番にかけても3連続バーディを奪う猛攻。最終的には、1イーグル、7バーディ、1ボギーでホールアウトしている。7アンダーの2位タイには、S.H.リー(韓国)と、ウェンディ・ウォードが続き、6アンダーの単独4位にカレン・スタップルズ(イングランド)がつけている。

注目のミッシェル・ウィは、6バーディ、1ボギーの5アンダーで5位タイ。同ポジションには、ほかにもナタリー・ガルビスら強豪8人がひしめている。ところが、ポーラ・クリーマーは、3バーディ、3ボギーと出入りの激しいゴルフとなり、イーブンパーの63位タイに沈んだ。

残りの日本勢では、茂木宏美が3アンダーの20位タイ、横峯さくらも2アンダーの34位タイと、まずまずの位置。しかし、諸見里しのぶはイーブンパーの63位タイ、服部道子大山志保の2人も1オーバーの86位タイに低迷。さらに、馬場ゆかりは2オーバーの97位タイ、妹の馬場由美子も5オーバーの124位タイと大きく出遅れた。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 フィールズ・オープンin Hawaii




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。