ニュース

国内シニア日本シニアオープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

寺西明が大会連覇に挑む 舞台は南アルプス

◇国内シニアメジャー◇日本シニアオープン 事前情報◇シャトレーゼヴィンテージGC(山梨県)◇6465yd(パー71)

賞金総額8000万円の「日本シニアオープン」が16日から4日間の日程で開催される。山梨県のゴルフ場では初めてとなるナショナルオープンの舞台は、南アルプスに囲まれた眺望が生かされ、美しい景観を誇る。戦略的なコースで、打ち下ろしの16番(パー3)にバンカーが新設されて、さらに難度が上がっている。

<< 下に続く >>

兵庫・鳴尾GCで開催された前年大会は寺西明が完全優勝を果たし、初めての賞金タイトルへ大きく前進した。

寺西は4月の「金秀シニア」を制するなど今季のシニア9戦でトップ5が3度。賞金ランキングは9位につけており、大会連覇に期待がかかる。

前週「コマツオープン」を制して好調の井戸木鴻樹、2019年大会覇者の谷口徹、16年大会から3連覇を達成したタイのプラヤド・マークセン、日本プロゴルフ協会(PGA)会長の倉本昌弘らがフィールドに名を連ねた。

<主な出場予定選手>
寺西明谷口徹伊澤利光井戸木鴻樹川岸良兼倉本昌弘タワン・ウィラチャン手嶋多一中嶋常幸深堀圭一郎プラヤド・マークセン塚田好宣細川和彦

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 日本シニアオープンゴルフ選手権競技




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!