ニュース

国内シニア富士フイルム シニア チャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

ツアールーキーの深堀圭一郎が単独首位発進 /シニアツアー

◇国内シニア◇富士フイルム選手権 初日(7日)◇江戸崎カントリー倶楽部(茨城)◇7070yd(パー72)

51歳の深堀圭一郎が、5アンダーの単独首位で発進した。使用パターを「(通常の)1.5倍くらい重たいのにして、ストロークが自然に動きやすくするように試している」と話す深堀は、最終ホール18番で下りラインの4mを外してイーグルを逃し、6バーディ、1ボギーの「67」でプレーした。

深堀はことし4月「ノジマチャンピオンカップ 箱根シニア」でツアーデビューを飾り、今大会で11試合目の出場となる。レギュラーツアーでは8勝しており、同ツアーでの初優勝に期待が懸かるが「今年はいろんなことにチャレンジして、どういうシニアライフになれるかっていうことを探しながら」と気長に構える姿勢だ。

1打差の4アンダー2位に今季獲得賞金ランキング2位のタワン・ウィラチャン(タイ)がつけたほか、グレゴリー・マイヤー(米国)、キム・ジョンドク(韓国)が続いた。

大会2連覇を狙うバリー・レーン(イングランド)は、尾崎直道篠崎紀夫らと並んで3アンダー5位で滑り出した。

<主な上位成績者>
1/-5/深堀圭一郎
2T/-4/タワン・ウィラチャングレゴリー・マイヤーキム・ジョンドク
5T/-3/バリー・レーン尾崎直道篠崎紀夫
8T/-2プラヤド・マークセン鈴木亨倉本昌弘日下部光隆川岸良兼岡茂洋雄ソク・ジョンユル
15T/-1/伊澤利光 ほか

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 富士フイルム シニア チャンピオンシップ




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。