ニュース

国内シニア日本シニアオープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

P.マークセンがルーキー対決制す シニアメジャー初優勝

2016/09/18 15:58

◇国内シニアメジャー◇日本シニアオープンゴルフ選手権競技 最終日(18日)◇習志野カントリークラブ キング・クイーンコース(千葉県)◇6938yd(パー72)

首位タイからスタートしたシニアツアー1年目のプラヤド・マークセン(タイ)が、5バーディ、ノーボギーにまとめる「67」でプレー。同じ50歳でルーキーの鈴木亨を3打差で振り切る通算12アンダーとし、今季3勝目をメジャー初タイトルで飾った。

直近のレギュラーツアー優勝は、当時49歳で出場した2015年7月の「ダンロップ・スリクソン福島オープン」。年齢による衰えを感じさせないまま50歳になった今年1月にシニア入りし、今週の勝利により賞金ランクは1位に浮上した。早くも賞金王の有力候補に挙られるルーキーが、ツアーに新風を吹き込んでいる。

マークセンと同じ首位から出た鈴木は、後半11番(パー5)のバーディで一時は単独首位に立ったが、12番から3つのボギーを叩いて失速。5バーディ、3ボギーの「70」は通算9アンダーにとどまり、今年6月から参戦したシニアツアーの初タイトルを逃した。

通算1アンダーの3位に盧建順(台湾)。通算イーブンパーの4位タイに渡辺司ピーター・ファウラー(オーストラリア)が続いた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 日本シニアオープンゴルフ選手権競技




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。