ニュース

国内シニアコマツオープン2012の最新ゴルフニュースをお届け

佐野修一が単独首位!倉本、中嶋が追走・・・

◇国内シニア◇コマツオープン2012 初日◇小松カントリークラブ(石川県)◇6,932ヤード(パー72)

雷雲接近により、予定より3時間遅れのスタートとなった初日。佐野修一が8バーディ、1ボギーの「65」をマークして7アンダー、単独首位の好発進を切っている。

首位と1打差の6アンダー、2位タイには倉本昌弘、伊藤正己、5アンダーの4位タイには中嶋常幸井戸木鴻樹飯合肇の3選手が並んでいる。

そのほか、現在賞金ランクトップを走る尾崎直道は、昨年プレーオフに破れ2位に続いた三好隆植田浩史らと並び、4アンダーの7位タイ。ディフェンディングチャンピオンのフランキー・ミノザ(フィリピン)は、1アンダーの21位タイとまずまずのスタートを切っている。

佐野修一

「ドライバーが全く当たらなかったが、ゴルフとは不思議なもので、グリーンまで残り200ヤード位残っていても、ピンまで40cmとかに付く。最終ホールの18番でも第4打がピンから残り13m。パターで打ったら入っちゃった!出場選手に若い人(笑)が多いから、良いスコアは出せる時に出しとかないと負けてしまうと思った。体力的にはしんどいねぇ。朝起きる時も、人の手助けが必要なほど身体中にテーピングをしまくりだよ。エージシュート(64歳)をしたかったなぁ!!」

尾崎直道

「イン(10番)スタートになって、17番ホールのボギーが痛かった。そこでプレーの良い流れが止まったような気がした。スタート前の雨のせいで、フェアウェイがウェットでドライバーが飛ばなかった。ロングホールでは、2オンが全くできず、それでもこのスコアならば上々でしょう。初めてのコースなので、皆が良いスコアでラウンドしているのがビックリ。優勝スコアは10~13アンダーくらいかな」

中嶋常幸

「今日は体調が最悪だった。明日プレーが出来るかどうかもわからない。先週、原因不明の40℃の熱が出て入院し、今日のスコアが1アンダーくらいだったら明日の棄権もありえた。ところが、6アンダーも出てしまってどうしようと言う感じだよ。ラウンド中は9番ホールのグリーン上ではフラフラしたが、とにかく1日1日プレーが出来るだけで幸せを感じるよ。7番ホールでは、ドライバーショットのボールが木の後ろにあり、木越えを狙った。木の上に“妖精”を見た!“よぅせぃ”ばいいのにー(よせばいいのにー)。結果、打ってパーで上がることができたよ」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 コマツオープン2012




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。