ニュース

国内女子大王製紙エリエールレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

笹生優花と西村優菜が首位キープ 渋野日向子20位に後退

◇国内女子◇大王製紙エリエールレディスオープン 2日目(20日)◇エリエールGC松山(愛媛県)◇6545yd(パー71)

午前中の濃霧による1時間24分の中断を挟み、第2ラウンドが完了した。3人が並ぶ首位から出た笹生優花西村優菜が1つスコアを伸ばす「70」で通算7アンダーとし、その座をキープした。

<< 下に続く >>

2週連続での今季3勝目がかかる古江彩佳はトップタイから「71」で、通算6アンダーのまま。2日続けて「68」をマークした勝みなみとともに、3位タイで決勝ラウンドに進んだ。

4アンダー5位タイにペ・ソンウイ・ナリ(ともに韓国)、小祝さくらが並んだ。

3アンダー4位タイからスタートしたディフェンディングチャンピオンの渋野日向子は2バーディ、4ボギーの「73」で回り、通算1アンダーの20位タイに順位を下げた。

申ジエ(韓国)は16ホールを終えた時点で、左ひじ痛のため棄権した。

<上位陣と主な選手の成績>
1T/-7/笹生優花西村優菜
3T/-6/勝みなみ古江彩佳
5T/-4/ペ・ソンウイ・ナリ小祝さくら
8T/-3/松田鈴英藤本麻子永井花奈イ・ミニョン李知姫渡邉彩香ユン・チェヨン
15T/-2/篠原まりあ菊地絵理香桑木志帆(アマ)、山城奈々吉田優利
20T/-1/上田桃子イ・ボミ渋野日向子ほか

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 大王製紙エリエールレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには井上りこ選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!