ニュース

国内女子ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

ペ・ソンウが首位キープ 19歳アマ・吉田優利が2位に浮上

◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ 2日目(10日)◇茨城GC東コース◇6560yd(パー72)

国内女子メジャーの今季初戦は、初日に単独首位発進を決めたペ・ソンウ(韓国)がこの日も「70」と伸ばして通算6アンダーで首位をキープ。昨年の韓国女子ツアー賞金ランキング2位(年間2勝)で、今季から日本ツアーに本格参戦をしている25歳が、メジャー大会でツアー初優勝に向けて前進した。

インから出て11番でバーディ先行も14番でダブルボギー、15番でボギーをたたき「自分のプレーに失望した」。それでも18番(パー5)でグリーン右手前のバンカーから残り25ydの3打目を直接カップインさせてイーグルを奪い、切り替えた。「パッティングに救われた一日でした」と29パットに抑えたグリーン上も光った。

決勝ラウンドに向け「このコースは油断するとすぐに失敗につながる。あすはムービングデーなのでうまく流して最終日は攻撃的にいきたい」とドライビングレンジへ向かった。

1打差の2位で追うのは、アマチュアの吉田優利(日本ウェルネススポーツ大1年)と、渋野日向子笠りつ子の3人。予選会を突破して今年の海外メジャー「全米女子オープン」出場を決めた吉田や、2週前の「フジサンケイレディス」で2位に入った渋野など、好調な選手たちが好位置につけている。

通算4アンダーの5位に、三ヶ島かな穴井詩の2人。通算3アンダーの7位に、申ジエ(韓国)、佐伯三貴小貫麗ら7人。昨年の「全英女子オープン」覇者のジョージア・ホール(イングランド)は、通算イーブンパーの24位で決勝ラウンドへ進出した。

<上位の成績>
1/-6/ペ・ソンウ
2T/-5/吉田優利(アマ)、渋野日向子笠りつ子
5T/-4/穴井詩三ヶ島かな
7T/-3/佐伯三貴柏原明日架カリス・デイビッドソン大里桃子小貫麗申ジエテレサ・ルー

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには瀬戸瑞希選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!