ニュース

国内女子フジサンケイレディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

22歳の永峰咲希が初優勝 プレーオフで菊地絵理香を破る

◇国内女子◇フジサンケイレディスクラシック 最終日(22日)◇川奈ホテルGC富士コース(静岡県)◇6376yd(パー71)

22歳の永峰咲希菊地絵理香をプレーオフで破ってツアー初優勝を挙げた。2014年にプロテストに合格後、初のタイトルを獲得した。

首位と3打差5位で出た永峰は「66」で回って通算10アンダー。「65」でプレーした菊地とのプレーオフ(18番の繰り返し)の2ホール目でパーを拾った。同ホールで菊地が2mのパーパットを外し、勝負が決した。

首位タイから出た上田桃子は「71」と伸ばせず、松森杏佳と並ぶ通算8アンダーの3位に終わった。

3アンダー10位から出た勝みなみは「67」で回り、青木瀬令奈と並んで通算7アンダーの5位。勝は6バーディを奪い一時首位と1打差に迫ったが、終盤17番(パー3)でダブルボギーを喫した。首位タイから出た成田美寿々は通算6アンダーで葭葉ルミ権藤可恋ジョン・ジェウン(韓国)と並んで7位になった。

<主な最終成績>
優勝/-10/永峰咲希
2/-10/菊地絵理香
3T/-8/松森杏佳上田桃子
5T/-7/勝みなみ青木瀬令奈
7T/-6/成田美寿々葭葉ルミ権藤可恋ジョン・ジェウン
11/-5/テレサ・ルー
12T/-4/横峯さくら幡野夏生

関連リンク

2018年 フジサンケイレディスクラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~