ニュース

国内女子フジサンケイレディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

「迷いながら打った」勝みなみは勝負所で痛恨3パットダボ

2018/04/22 18:09


◇国内女子◇フジサンケイレディスクラシック 最終日(22日)◇川奈ホテルGC富士コース(静岡県)◇6376yd(パー71)

プロ初勝利が遠のいた。ルーキーの勝みなみは首位に1打差と迫った17番(パー3)で1mのパーパットを外すと、返しとなる50cmのボギーパットもカップにけられた。勝負どころでたたいた痛恨のダブルボギーに「ずっと迷いながらパターを打っていました。まだ優勝するときじゃなかった」と肩を落とした。

3日間のパーオン率は72%を記録し「全体的にショットはよかった。本当にパットだけですね」と渋い表情で課題をあげた。14番までに6つスコアを伸ばし、ファンからも「あと1打差」の声が飛んだが、グリーン上の力不足を実感した。

6バーディ、1ダブルボギーの「67」。通算7アンダー5位で終え、アマチュア時代の2014年「KKT杯バンテリンレディスオープン」以来となる優勝はならなかった。「きょう4アンダーで終わることができたのは評価したい。少しずつ順位も上にきているし、パットがよくなったら優勝も近くなる」と最後は前を向いた。(静岡県伊東市/玉木充)

関連リンク

2018年 フジサンケイレディスクラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~