ニュース

国内女子日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

大叩きも覚悟した鈴木愛 2カ月ぶり復帰ラウンドで2アンダー

2018/09/06 19:15


◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 初日(6日)◇小杉CC(富山)◇6605yd(パー72)

右手首痛の影響で2カ月ぶりに戦線復帰した鈴木愛は4バーディ、2ボギーの「70」で回り、2アンダーの20位タイで滑り出した。7月初旬の「ニッポンハムレディス」以来のプレーに「大叩きも頭に入れていた」と苦笑いしながら、トップと3打差に身を置いた。

開幕前の目標は控えめに「予選通過」。出だし10番で残り112ydの第2打をPWでピン手前2mにつけてバーディ発進を決めながら、鈴木の心境は穏やかではなかった。「1Wショット以外はひどくて、ウェッジで打ってもダフった。すごくレベルが低いな…と」。苦しい状況で支えになったのはショートゲーム。17番(パー3)から5m前後を決めて2連続バーディ。最終9番ではグリーン左の左足上がりのラフからのアプローチが、もう少しでカップインという“寄せワン”を拾った。

ツアー離脱中は超音波治療などを繰り返し、医師には「ギリギリOKをもらって」今大会に入った。久々の真剣勝負に「こんなにキツかったっけ…と思いました。ハーフでも足の裏が痛くて、すごく長く感じました」と首をすくめる。2年連続の女王タイトルへ、賞金ランキングトップを走るプライドも、意地もある。及第点以上のスタートを呼び込んだのは「集中力というか…気合いです!」と笑った。

「毎日2アンダーで回れたら、今の実力からいえばすごく良い」と、急にハードルを上げることはしない。復調に時間を要すことは百も承知だが、「(2日目以降は)天候も荒れるということなので、そうなるとイーブンを目指してやるだけかなと思います」と言った。その展開は、開幕前に望んでいた“ガマン大会”でもある。(富山県射水市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。