ニュース

国内女子富士通レディースの最新ゴルフニュースをお届け

キャンベルが宮里を下し3年ぶりの優勝!

千葉県にある東急セブンハンドレッドクラブで行われている国内女子ツアー第28戦「富士通レディース」の最終日、勝負の行方は宮里藍N.キャンベル(豪州)のプレーオフにもつれ込んだ。

首位と3打差の4位タイからスタートした宮里とキャンベルの二人。3バーディノーボギーでスコアを伸ばした宮里と、4バーディ1ボギーのキャンベルが通算9アンダーで先にホールアウトして最終組を待つ。同じく9アンダーで最終ホールを迎えた飯島だったが、ここで痛恨の3パットのボギーを叩き、プレーオフ進出を逃してしまう。

<< 下に続く >>

プレーオフは3ホール目まで両者パー。4ホール目でグリーン手前カラーからのバーディパットをショートさせた宮里に対し、キャンベルは12mのバーディパットを沈めて決着。キャンベルが06年以来となる自身通算2勝目を飾っている。

惜しくも2週連続優勝を逃した宮里だが、「私がボギーを打って負けたわけではないので、今はやりきった感で一杯です。今週は良い経験になったし、自分としては満足しています」と、充実した表情を見せていた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2009年 富士通レディース




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権コース攻略
全米プロゴルフ選手権が20日に開幕。マスターズチャンピオンの松山英樹が4大大会2勝目に挑む。日本からは星野陸也も参戦
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには澁澤莉絵留プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!