ニュース

国内女子KKT杯バンテリンレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

菊地絵理香が首位発進 1差2位に香妻琴乃ら4選手

◇国内女子◇KKT杯バンテリンレディスオープン 初日◇熊本空港CC(熊本県)◇6452yd(パー72)◇

国内女子ツアー第7戦「KKT杯バンテリンレディスオープン」が17日(金)に開幕。大会初日、4バーディノーボギーの「68」をマークした菊地絵理香が、4アンダー単独首位の好スタートを切った。

菊地は今季6戦でトップ10入りが4回と、安定したゴルフが続く。この日もノーボギーのプレーを披露し、「ボール位置をちょっと左にして、クラブを1インチくらい短く握ることで1Wが良い感じで振れるようになった。セカンドを良いところから打てているのでボギーなく回れた」と振り返った。

初優勝への期待も高まるが「このコースは予選を通ったことがないので、あまり期待していない。明日も風とか天候次第だが、今日と同じくらい伸ばせればと思う」と、気負いなく2日目以降の戦いに臨む。

首位と1打差3アンダーの2位には香妻琴乃若林舞衣子渡邉彩香川満陽香理の4選手、2アンダーの6位に穴井詩大和笑莉奈茂木宏美、17歳アマチュアの永井花奈ら6選手が並んでいる。

昨年、15歳293日で女子ツアー史上4人目のアマチュア優勝を果たし、ツアー最年少優勝記録を樹立したアマチュアの勝みなみは4ボギーの「76」で回り、4オーバーの62位。米ツアーからスポット参戦している地元・熊本出身の有村智恵は2バーディ7ボギーの「77」と崩れ、5オーバーの77位と出遅れている。

関連リンク

2015年 KKT杯バンテリンレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには金澤志奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~