ニュース

国内女子ヤマハレディースオープン葛城の最新ゴルフニュースをお届け

アン・ソンジュが今季初優勝! 吉田弓美子を最終18番パーで逆転

◇国内女子◇ヤマハレディースオープン葛城 最終日◇葛城GC山名コース(静岡県)◇6,540ヤード(パー72)

首位の吉田弓美子と1打差を追ったアン・ソンジュ(韓国)。中盤以降には文字通りに2人のマッチレースとなった最終日は、最終ホールでアンが吉田をかわし、通算5アンダーで逆転優勝を飾った。通算アンダーパーは僅かに6人という消耗戦を制し、2010、11年の賞金女王がツアー通算14勝目を手にした。

先手を取ったのは追う立場のアン。7番(パー3)のバーディで吉田に並ぶと、吉田が9番でボギーを叩き、首位の座が入れ替わってハーフターン。強風の中でパーを分け合う展開が続いたが、16番でアンがこの日初めてのボギーを叩き、再び吉田と首位で並んだ。そして、ともに5アンダーのまま迎えた最終18番(パー5)。吉田が2メートル弱のパーパットを外し、決着となった。

通算2アンダーの3位に原江里菜馬場ゆかり笠りつ子。通算1アンダーの6位にリ・エスド(韓国)、さらに1打差の7位に大江香織が続いた。森田理香子は、イ・ボミ(韓国)と並んで8位。

前週優勝の渡邉彩香は、この日のベストスコア「68」と意地を見せて通算5オーバー。53位から17位に浮上して4日間を終えた。同順位には、「79」を叩き6位から急落した藤田光里も並んだ。

関連リンク

2014年 ヤマハレディースオープン葛城




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには金澤志奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~