ニュース

国内女子住友VISA太平洋クラブレディースの最新ゴルフニュースをお届け

中野晶、猛追の逆転V!

磐石かと思われたP.ハーストが思わぬ74と崩れ、アイアンの冴えを見せた中野晶が67と逆転。2年ぶりの優勝を遂げた。これでツアー6勝。

中野はアウトで2バーディ、1ボギー。インに入ってからは5バーディ、1ボギーと走り続けた。本来のアイアンの切れが完全復調。バーディはほとんどが2メートル内外にぴったり付けてのもので危なげなく逆転、そして逃げきった。

「午前中は差をつめていったところで8番でピンチ。もうほとんどダボというところでした。このパットが入らなかったら、またイメージが狂ってくるんだろうなと思っていました」
その瀬戸際の3メートルを決めてボギーセーブ。まだ頑張れる、という気持ちになれた。そして次の9番でバーディ。10番でもバーディでついにハーストに追いついた。その後はたたみかけるようなバーディラッシュ。結果的には2位に3打差をつけた。
「今年は2回優勝争いをしてどれもバタバタしてしまったけど、今回はウソのように落ち着いていた。今回は優勝争いをしっかり意識して、ボードを見ながらプレーして勝つのが課題でした。ほんとうに幸せな感じ。優勝カップは重たかったです」。

不動裕理はノーホギー、5バーディのラウンドで一気に2位に急上昇した。「67はベストスコアです。トップとの差があったので、伸ばしてアンダーパーで上がれれば上出来という程度に考えていました」
優勝に関係ないところにいるときに限って、いいスコアが出たりするのだという。そのパターンで先に5アンダーでホールアウト。中野のスコア次第ではプレーオフの可能性すらあった。ちょっと期待させられて、しかし離された。「期待はしていなかったんですけど・・。ま、最後はこんなもんですよ」 まだ21歳。初勝利が待たれる。

関連リンク

1998年 住友VISA太平洋クラブレディース




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストにはミナミ・レボノウィッチプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~