ニュース

国内女子We Love KOBEサントリーレディスオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

マクガイヤ、首位をキープ。高村博美らが追撃

1998/06/12 18:00


マーニー・マクガイヤが2日目も辛抱のゴルフで首位をキープした。バーディは6ホールだがボギーも3ホール。しかもダブルボギーのおまけまで付いた。
「アイアンがいまひとつ良くなかった。バンカーに入れ過ぎました。でも今日も忍耐強く、リラックスしてプレーできました」とマクガイア。 だいたいこの試合はいつも良くないのだといいう。予選落ちが多かった。「だから今日の結果はすごい嬉しい。フレッシュな気持ちです。あと2日間、同じようにプレーできればすごくハッピーです」

高村博美が追いかけてきた。6バーディ、2ボギーの68をマーク。「最初のハーフは良かったんだけど、後半ほんとに当たらなくなってしまいました。年ですから。それを言っちゃいけないだけど」
武田久子のパターをもらったのだといいう。これがびったり合った。「武田さんが合わないというので、ちょっと打たせてもらったらすごく良かったんです」
このコースはグリーンを外した後が難しい。「ドライバーもちょっとラフに入れると大変。ドライバーのポイントが難しいんです。68も出るけど80も出るコースですから」

吉川なよ子は73。ちょっと後退した。このところ期待を持たせて結局ダメというパターンが多く、周囲も疲れるが本人も疲れる。「気分を変えてやります。努力しますよ。4日間の勝負ですから」

関連リンク

1998年 We Love KOBEサントリーレディスオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには田村亜矢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~