ニュース

国内女子グンゼカップワールドレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

プレーオフを制してノイマン優勝!

最終日、磐石と思われたリサロッテ・ノイマンが動揺した。10番ミドルホールでトリプルボギーの7。さすがにもう追いつけないかと思われたのだが・・。
「もう勝てないと思った。でもあと8ホールある。8ホールで3つバーディをとればなんとかなると思いなおした」とノイマン。3つには届かなかったが13番、16番でバーディを決めた。しかも終盤18番になってトーナメントリーダーの高又順がボギー。思わぬ3人プレーオフ。最後は定評あるパッティングが勝敗を決めた。
「プレーオフというのはストロークプレーから急にマッチプレーに切り換わるところが難しい。周囲を気にせず、相手がどうのこうのではなく、自分自身でバーディを取りにいく。この点が私がプレーオフに強いところだと思う」と分析した。

高又順はプレーオフで初めて負けた。「プレーオフはいままで7回です。今回は3人プレーオフだったから負けたのかな」とショック気味。10番でのノイマンの7を見たときは「もうあの人の優勝はないと思ったんですけどね。やっぱり強いです」
李英美も惜しかった。とにかく肝心なところでパットが入らなかった。「相手がバーディで負けたのなら納得いくけど、パーじゃ・・・ちょっと悔しいです」

優勝を争ったのは韓国選手2人とスウェーデン選手。実力だから仕方ないとはいえ、日本選手がふがいなかった。大金寿子はボギーなしの7バーディでレコードタイをつくったが、今回はちょっと遅かった。今後に期待。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

1998年 グンゼカップワールドレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには吉本ひかるプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。